「敏感肌」と腸内環境の関係

「敏感肌」と腸内環境の関係

「敏感肌」と腸内環境には非常に深い関係があります。

 

私たち人間も含めた動物の腸内には「腸内細菌」と呼ばれる微生物が無数に存在しています。

 

この「腸内細菌」は、人間の腸の場合、およそ1,000種類があり、少ない人で600兆個、多い人で1,000兆個の「腸内細菌」が大腸に存在しています。重さにすると約1kgもあるというのですから驚きです。

 

「腸内細菌」には、「善玉菌」と「悪玉菌」、そして、どちらとも言えない「日和見菌」という菌種がいます。

 

約1kgの細菌のうち、約7割はこの「日和見菌」です。そして、健康な人の場合であれば「善玉菌」が優勢で約2割、残りの1割が「悪玉菌」です。

 

これが、「腸内細菌のバランスが取れている状態」=「腸内バランスが取れている状態」、すなわち「健康な状態」というわけです。

 

そのため、何らかの理由によってこの「腸内バランス」が崩れると、身体の免疫機能が低下し、私たちは様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

 

「腸内環境」が悪化すると敏感肌になる?

 

私たちが排泄する便は、約8割が水分で、残りの2割の3分の1が食べ物の残りカス、3分の1が腸の粘膜が剥がれたもの、3分の1が「腸内細菌」です。

 

この便の排泄は、毎日規則正しくすることが大事です。もし、便秘になると体外に排出されるべきものが体内に留まることになり、その便をエサにする「悪玉菌」が増えてしまうことになります。

 

つまり、「善玉菌」よりも「悪玉菌」のほうが優勢になり、「腸内バランス」が崩れるということです。

 

便秘によって腸内細菌のバランスが崩れ、「悪玉菌」が増加して活性酸素が発生すると老化の進行につながってしまいます。

 

また、善玉菌が減少すると、美肌の形成に深く関わっているビタミンB群の合成が阻害され、肌荒れの原因になってしまいます。

 

さらに、発がん性物質をはじめとする有害物質がどんどん発生してしまいます。しかも、ガス(おなら)が臭くなります。

 

さらに便秘が解消されないと、体内に蓄積された「有害物質」が腸壁からどんどん吸収されていきます。

 

そして、血液に乗って全身を駆け巡り、汗の中に混じって毛穴から出て、肌荒れやアレルギーの原因となるのです。

 

そのため、できるだけ便秘にならないように普段から水分をしっかり摂って、脂質と糖質は控えめのバランスの良い食事を摂り、さらにヨーグルトや食物繊維を積極的に摂るようにすることが大事です。

 

さらに、十分な睡眠をとり、普段から適度な運動をするように心がけましょう。

 

以前は「敏感肌」ではなかったのに、最近になってお肌が敏感になってきたという人は、生まれつきではなく、今の食生活に原因がある可能性があります。

 

その場合は、食生活の見直しと改善によって「腸内環境」を整えれば、「敏感肌」も自然に改善していくことでしょう。